今はほとんど指さない将棋ファンです。角換りを中心に思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第72期名人戦第1局
4期連続で森内VS羽生の対決となった第72期名人戦。第1局は相掛りから後手の羽生三冠が長手数の末勝利をおさめた。
スポンサーサイト

行方八段,満を持してタイトル戦に登場。
王位戦が始まっている。羽生三冠に挑戦するのは,11勝1敗の好成績でA級に復帰するなど昨年から絶好調を維持している行方八段。39歳にしてタイトル初挑戦となる。

行方八段といえば,デビューから1年の94年に竜王戦で一気に挑戦者決定戦まで勝ちあがり,羽生(当時)五冠と3番勝負を戦い連敗で敗退するも,「大型新人」と騒がれてすぐにでもタイトル戦線に登場してくるものと期待されていた。しかし,95年に早指し新鋭戦優勝,将棋大賞の新人賞受賞,98年に42-12.778で勝率一位賞を受賞してからは,当初期待されたような活躍は影をひそめる。2007年にA級に上ったものの,僅か1勝しかできずに降級。このままB1の中堅棋士として定着してしまうのか…と思われた矢先の大活躍である。

行方八段絡みのエピソードは色々あるが,なんといっても四段昇段の際に抱負を聞かれて「羽生さんを倒して,いい女と寝たい」(正確ではないかもしれない)と発言し,世間の耳目を集めたことだろう。今日屋根裏に積み上げてある将棋世界のバックナンバーを出してきて93年~94年ころの行方(当時)四段の記事を探すが,正確な文言はわからなかった。
ただ,この発言はよほど注目を集めたに違いなく,プロデビュー早々,93年11月号の将棋世界で写真家の矩口勝弘氏の連載コーナー「素顔を拝見」に登場している。この記事で行方は鬱屈していた修業時代について彼独特の語り口でインタビューに答えている。この記事を読むと,先の「いい女…」発言も決して奇をてらったものではなく,19才の若者がもつ自負やプライドとそれと表裏一体のコンプレックスから出たものだとわかり,むしろその率直さが(50を超えたおじさんには)まぶしく思えるほどだ。
当時彼が意識していたのは,20代前半ですでに将棋界を席巻している(93年10月時点で五冠)羽生であり,それに続く佐藤康・森内である。羽生はA級1年目,森内・佐藤康はB2であった。

さきのインタビュー記事で行方は

将棋は命つめて指さないと意味がない。チャラチャラ,ダラダラ,そんなことやるんだったら死んだ方がいい。
メチャクチャ頑張りますよ。プロの第一局は棋聖戦ですが,来年は羽生先生を負かしてタイトル取りたいです。今はだれも羽生を俺がやっつけるという人がいなくなった。
四段になったからって,全然安心してないです。これから怖いです。とりあえず,今の三強とは大駒一枚違ってると思ってますからね。三強って分りますか。羽生,森内,佐藤康,あの57年組の三人。才能が違いすぎます。でも,あいつらは絶対倒さなければいけない。今までもそのつもりで勉強してきたんですから。
そしてタイトル取ったら,まずベンツを買って,それでいい女をエヘヘ,だからそれまでは,やっぱり童貞を大事に守りぬきます。

と語っている。

いかにも率直である。若者らしい気負いもむしろ微笑ましいくらいだ。この言葉を裏付けるがごとく翌94年,竜王戦で快進撃を続け,挑戦者決定3番勝負にまで突き進み「竜王戦ドリーム」と呼ばれる。しかし,羽生に0-2で敗れて挑戦はならなかったことは先に述べた。

その後,行方の持つ才能は時折きらめきを見せるものの当初期待されていたほどには花開かなかった。繊細さと目標の高さ,そして独特の感性から繰り出される言動が時折将棋界の話題にはなるが,それは本来期待された棋戦での活躍からくるものではなかった。そのことが本人にもふがいなかったに違いない。


それがなぜ変わったのか。

終盤力と悪くなった時の辛抱の良さが行方将棋の売りではあるが,将棋世界の最新8月号のインタビュー「行方尚史はなぜ変わったのか」を読んでいると,このところの好調さは,それに加えて自分の将棋を根本から見つめ直し,再構築をはかっていることから来ていることが窺える。

もちろん,そのきっかけは,twitterでつらね ‏@tsurane さんが6月14日につぶやいたことに尽きるだろう

しかし、今にしてみれば、「羽生さんに勝っていい女を抱きたい」ってのは順序が逆だったんだなあと。









第54期王位戦第1局は羽生三冠先手で角換り腰掛け銀の戦型に進み,7月10日(水)午後14時47分現在,39手目▲88王まで進んでいる。20年前に「絶対倒さなければいけない」と誓った相手が今目の前にいる。

祭りの後
名人戦が盛り上がらない。

5月21日と22日に行われた第4局も早い時点で先手の森内名人の優勢が判明し,午後7時5分に決着がついた。今まで行われた4局とも優勢になった方が順当に差を広げて勝利するという展開で,最後の最後までどちらが勝つのかわからない手に汗握る一戦とは言い難い。スコアの方も4局終了時点で森内名人が3-1とリードしている展開は,ここ2年間の渡辺竜王ー丸山九段の竜王戦のようになんとなく既視感があるというか,このまま昨年同様名人が4-1か4-2で防衛してしまうのだろうな…というあきらめ(?)にも似たような感情をどうしても抱いてしまいがちになる。

本来なら順位戦が終わり,他の棋戦があまり行われないこの時期は名人戦という“祭り”で盛り上がるはずなのだが,なんとも白けたムードがただよっている。

ただ,4月20日まで行われていた第2回電王戦が毎週空前の盛り上がりで,普段将棋に関心のない層にまで話題になったことから考えると,むしろ今は電王戦という新しい祭りが終わった後の寂しさを感じてしまうのは,やむを得ないことなのかもしれない。

その電王戦も,プロの現役棋士がコンピュータソフトに対して真剣勝負を戦った結果1勝3敗1分と完敗を喫してしまったために,第3回が開催されるのかどうかはまだわからない。

この祭りの後の寂しさを埋めるのは,やはり名人戦で熱い戦いを見せてもらうほかはないのだが…。

ともあれ,次局以降両者(特に羽生三冠)の頑張りで,伝統の名人戦らしい熱い戦いが繰り広げられることを期待したい。


“神々の黄昏”となるのか? ~第2回電王戦開幕
今日午前9時30分からいよいよ第2回電王戦の第1戦、(先手)阿部光四段ー習甦戦が開始される。
コンピュータソフトとプロ棋士が5対5で対決するというこの画期的な興行は、故米長前将棋連盟会長の遺産であり、出場する5人の棋士にとっては昨年敗れた前会長の弔い合戦と意気込んでいることだろう。

ニコニコ生放送で完全中継されることで、マスコミをはじめ従来の将棋ファンの枠を超えた注目を集めているのは、さすがアイデアマンだった米長前会長が心血を注いだだけのことはある、と感心する。とはいえ今現在の将棋ソフトの強さを考えるとあと1~2年早く行っておれば良かったのでは…と思わざるを得ない。

2007年3月21日に大和証券杯の特別企画で渡辺竜王とボナンザが対決した時、ボナンザの予想外の強さにその実力のほどがうかがえた。あれからちょうど6年が経過したが、この間プロ棋士との公式対決が行われなかった。これはもちろんプロの権威を保とうとする米長前会長が対局を禁止したからなのだが、その6年の間にコンピュータソフトの進化が加速度を増し、コンピュータソフト選手権で上位を占めるいくつかのソフトはもはやプロ並みの実力を持つと言われている。私が「1~2年早く行っておれば」と思ったのは、その時期であればコンピュータソフトに対してもプロがその実力を誇示できたのではないか、今の時点で5対5の対決を行えば、プロ棋士が負け越す可能性も相当あるのではないか、と危惧するからである。

私は古くからの将棋ファンで、もちろんプロ棋士は尊敬しているし、ファンとして将棋ソフトに負けてもらいたくないという気持ちも大いにある。しかし、彼我の状況を冷静に分析すると、今回はプロが負け越すのではないか、と予想している。2-3かひょっとして1-4もありうるのではないか(悲観的すぎるだろうか)。

仮にプロが負け越した場合、今後のプロ棋士の在り方、存在意義はどう変わってくるのか。今でさえ、タイトル戦の終盤戦では詰みのあるなしをソフトで解析するのがあたりまえになっているのに、将来は中盤の指し手ですら将棋ソフトの“正解”が幅を利かすようになってしまうのだろうか…。

現在の状況は、ちょうど19世紀に写真が大衆化した時代の西洋美術界と似ているのではないか。

ダゲレオタイプは、産業革命の頃の中産階級の肖像画が欲しいという需要に応えるため、1840年代のヨーロッパに熱狂的に広まった。この肖像画需要は、油彩画では生産の速度からして需要に応えきれず、写真技術の発展を後押しすることになった。(ウィキペディア「写真史」より抜粋)



絵具が発達し、絵画の教育システムが確立し、絵画が産業化していく一方で、1827年に写真が発明される。写真は瞬く間に改良されて、肖像写真として利用されるようになる。 正確に描写するだけなら、絵画より写真の方がはるかに正確で安価で納期が早い。写真が普及し始めると画家たちが職にあぶれるようになった。 また、瞬間をとらえた写真の映像は、当時の人々にとって全く新しい視覚であり、新たなインスピレーションを画家たちに与えることになった。(ウィキペディア「印象派」より抜粋)



それまで絵具で本物にそっくりの絵を描き上げる職人だった絵描きが、写真の発明によってその存在意義を問われる中で生まれてきたのが印象派をはじめとするモダンアートである。真実を写し取ることは写真にはかなわない、という現実を受け入れたうえで、画家は新しい表現を模索していき、写真では表現できない「油絵ならでは」の新しいアートを生み出していった。

コンピュータソフトに追われる中で、プロが将棋の“神”として崇められる時代の終焉がもうそこまできているのではないか。神々の黄昏の時代、プロ棋士が過酷な時代の変化にどう対応して行くのかを注目したい。











対1手損角換りに15手目からの仕掛け
1月4日(金)から毎日新聞夕刊で掲載されていた、C1順位戦の7回戦▲村山六段ー平藤七段の一戦。

後手が4手目に早々と△88角成として1手損角換りに。後手がなかなか△32金と上がらないのを見越して村山六段は15手目に▲35歩(第1図)と仕掛ける。

130115村山ー平藤1

第1図以下△35同歩、▲45角、△54銀、▲23角成に後手は△34角(第2図)と合わせて馬を消しにかかる。

130115村山ー平藤2

第2図以下、▲24歩、△22歩、▲34馬、△同銀に先手は▲16角と自陣角を放つと後手も△12角(第3図)とこちらも角で対抗。

130115村山ー平藤3

こうなっては後手の陣形の方がまとめづらいようだ。しかし後手の平藤七段は、この後3筋に飛車を振って王を右に移動させた後、更に銀を引き戻して美濃囲いにまで陣形をまとめあげるのである。さすがプロの芸といえるが、少なくともアマチュアにとって望んで飛び込む変化ではない。

1手損角換りで先手が▲36歩を早めに突いてきた場合、後手は△63銀と上った際に上記の角打ちを狙われないように△32金とあらかじめ守っておくのが堅実のようだ。

Copyright © kuroumaの将棋ブログ。 ~角換りを中心に. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。