FC2ブログ
今はほとんど指さない将棋ファンです。角換りを中心に思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの後
名人戦が盛り上がらない。

5月21日と22日に行われた第4局も早い時点で先手の森内名人の優勢が判明し,午後7時5分に決着がついた。今まで行われた4局とも優勢になった方が順当に差を広げて勝利するという展開で,最後の最後までどちらが勝つのかわからない手に汗握る一戦とは言い難い。スコアの方も4局終了時点で森内名人が3-1とリードしている展開は,ここ2年間の渡辺竜王ー丸山九段の竜王戦のようになんとなく既視感があるというか,このまま昨年同様名人が4-1か4-2で防衛してしまうのだろうな…というあきらめ(?)にも似たような感情をどうしても抱いてしまいがちになる。

本来なら順位戦が終わり,他の棋戦があまり行われないこの時期は名人戦という“祭り”で盛り上がるはずなのだが,なんとも白けたムードがただよっている。

ただ,4月20日まで行われていた第2回電王戦が毎週空前の盛り上がりで,普段将棋に関心のない層にまで話題になったことから考えると,むしろ今は電王戦という新しい祭りが終わった後の寂しさを感じてしまうのは,やむを得ないことなのかもしれない。

その電王戦も,プロの現役棋士がコンピュータソフトに対して真剣勝負を戦った結果1勝3敗1分と完敗を喫してしまったために,第3回が開催されるのかどうかはまだわからない。

この祭りの後の寂しさを埋めるのは,やはり名人戦で熱い戦いを見せてもらうほかはないのだが…。

ともあれ,次局以降両者(特に羽生三冠)の頑張りで,伝統の名人戦らしい熱い戦いが繰り広げられることを期待したい。

スポンサーサイト

将棋ブログとしてリサイクル。
書評を書いていたこのブログを将棋ブログとして復活させることにする。
最近は、指す方は全く弱くなってしまい自分でも腹が立ってくるほど良く負ける。
よってしばらく指し将棋を封印。これからは“指さない将棋ファン”として、かつて一番好きだった角換りを中心にブログを書いていこうと思う。

書評ブログ。
「書評ブログ」で検索をかけると,「本ブログ村 人気ランキング」ってのが1番上にひっかかってきた。


そのサイトでは数々の書評ブログが紹介されており,一種壮観なのだが,その中でも1位にランキングされているのはキアさんが書いている「活字中毒日記」である。


何とこの方,毎日1冊分の書評を書いておられる。す,凄い。1日1冊読むことはできても(暇さえあれば,私だって1日1冊は読める?ただ実際にはそんな時間はないのだが・・・),毎日1冊分の書評はなかなか書けない。


小説中心ではあるが,特定の作家に偏ることなく幅広くカバーしているし,肝心のレビューも分かりやすいので,参考になる。


私もせめて2~3日に1冊くらいは紹介したいが・・・夢のまた夢か??

中堅出版社の草思社が倒産。
今朝のニュースで中堅出版社の草思社が民事再生法を申請,事実上倒産したことを知る。


参考;読売オンライン毎日jp


草思社といえば,F・アルベローニ著「他人をほめる人、けなす人」やポール・ケネディ著「大国の興亡」などのユニークな本を出していて,個人的にもお気に入りの出版社のひとつだっただけに,非常に残念。


倒産の理由については,「雑誌も文庫も持たず、単行本のみの特異な業態で、出版不況の波をまともにかぶった」(草思社編集部)らしいが,今は雑誌も文庫もあまり売れない時代。たとえ雑誌部門があったとしても出版社としては厳しかったのかもしれない。


ともあれ,この本が売れない時代に,出版社が生き残っていくのは並大抵のことではない。一人の本好きとして,考えさせられたニュースだった。

kuroumaのブログ別館へようこそ。
kuroumaのブログの別館「kuroumaのお気に入り」を始めました。

こちらのブログでは主に書評や気に入ったお店やふと立ち寄った寺や神社について書いてみたいと思います。

本家「kuroumaのブログ」もよろしく。
Copyright © kuroumaの将棋ブログ。 ~角換りを中心に. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。