FC2ブログ
今はほとんど指さない将棋ファンです。角換りを中心に思うところを書いていきたいと思います。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『亜玖夢博士の経済入門』(橘 玲/著・文藝春秋)
新宿・歌舞伎町の風俗ビルの一角に亜玖夢博士の研究所はある。そこには,せっぱつまった男(時には女性)が,どうにもならない窮状を解決してもらおうと,一縷の望みを抱いてやって来る。


亜玖夢三太郎(あくむみたろう)博士は,海外の著名な大学で数々の学位を取得後,古今東西の万物の書物を読破し哲学・政治経済学から数学・物理学・生物学に至る諸般の学問に精通している,というとてつもない人物である。


相談者に対して,亜玖夢博士は時には経済学,またあるときは社会心理学の理論,そしてついにはゲーデルの不完全性定理まで使って解決策を伝授する。それぞれの理論は,いんちきでも何でもなく,(簡略化されてはいるが)まともなものである。しかし,その一見完璧な理屈に沿った解決策で相談者が救われるかというと,なかなかそうはいかない。それどころか時として「悪夢」を見てしまうハメに・・・。


一種変わった連作短編集である。分類としてはブラックユーモアと言えなくもないが,経済学などの理論を一般にも分かりやすい形で料理した小説とも言える。ネタになっているそれぞれの理論も,噛み砕いて説明してあるから読み進めるのに支障にならない。(ただ,最後のゲーデルの不完全性定理だけはちょっと分かりづらいが,これはもともと難しいので仕方がないかな)


ただ,なんとなくしっくりこないのは何故だろう?文体の軽さと,学問の理論を分かりやすく説明するという著者の目論見のブレンド具合がいまひとつなのかも知れない。しかし,あまり誰も考え付かなかったアプローチを用いた意欲作であることは間違いない。



亜玖夢博士の経済入門亜玖夢博士の経済入門
(2007/11/28)
橘 玲

商品詳細を見る
スポンサーサイト

第138回芥川賞・直木賞決まる。
第138回の芥川賞・直木賞が決まった。


芥川賞は川上未映子(みえこ)氏の「乳と卵(らん)」,直木賞は桜庭一樹氏の「私の男」が選ばれた。両賞とも女性作家が受賞。


私の男私の男
(2007/10)
桜庭 一樹

商品詳細を見る




ソース:時事通信


直木賞の候補作の中では,佐々木譲の「警官の血」かと思ったが。。桜庭一樹の作品は「赤朽葉家の伝説」を読みかけたけど途中で挫折した。文体が今ひとつ好みじゃないんだよなぁ。この際,続きをまたよんでみるか
Copyright © kuroumaの将棋ブログ。 ~角換りを中心に. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。